殘燈

紹介

「中国文学の泰斗」が、病の果てに光を失いながらも「生きる」ことのつらさと喜びを歌い上げた、惻々たる病床歌集。──闇の底から生の叫び。

目次

まえがき
鬼火
風花
あとがき

著者

目加田誠

めかだ・まこと
めかだ・まこと

1904年山口県岩国市生まれ。東京大学文学部卒業・中国文学専攻。
九州大学名誉教授、元早稲田大学教授、学士院会員。1999年4月30日死去。
著書『新釈詩経』『屈原』『詩経・楚辞』『唐詩三百 訳注1・2・3』『杜甫』『唐詩選』『世説新語 上・中・下』『詩経』『洛神賦』『中国文芸思想』『目加田誠著作集』8巻
随筆『唐詩散策』『夕陽限りなく好し』『春花秋月』その他

石風社より発行の関連書籍
  • 身世打鈴 シンセタリョン 姜琪東 大山 姜 差別 在日 韓国 朝鮮 俳句 石風社 俳句集 パンチョッパリ

  • はにかみの国 石牟礼道子 詩集 全詩集 石風社 水俣 はにかみ 

  • 淵上毛錢詩集 前山光則 淵上毛錢 石風社 詩集 水俣 夭逝 熊本


身世打鈴(シンセタリョン)
はにかみの国
淵上毛錢詩集