日本人が見た’30年代のアフガン

312頁 四六判上製
4-88344-100-8
税込価格2750円
2003/08/31発行
紹介

1935年(昭和10年)、熱砂のアフガニスタンで農業指導に奔走した日本人がいた。一人の明治人とその妻が、苛酷な日常を通じて異文化と真摯に向き合い、日々の生活と内面の葛藤を綴った貴重な記録。写真多数。

目次

一九三〇年代のアフガニスタン
……当時の写真(約100頁)
アフガニスタンにて〈書簡・日誌〉
 カブール便り
 ジャララバッド紀行 
 カンダハル紀行
 カシミール遊記
 *尾崎三雄・妻鈴子略年譜

著者

尾崎三雄

おざき・みつお
おざき・みつお

1902(明治35)年、山口市生まれ。1923(大正12)年、東京帝国大学農学部農学実科卒業。同年、農商務省農業練習生、後に同省嘱託及植物検査所嘱託。
1935(昭和10)年9月から1938年9月までアフガニスタン国農商務省技師。1943年から1945年10月まで陸軍技師、兵站総監部附、主として南方戦地における食糧自給対策及指導。1949年から1961年まで山口農業試験場長、以後農業自営。1985(昭和60)年死去。享年83歳。

石風社より発行の関連書籍
  • 外国航路 石炭夫 大恐慌 最底辺 日記 石風社 広野八郎 プロレタリア 労働者 葉山嘉樹

  • アフガン農業支援奮闘記 旱魃 洪水 水不足 蕎麦 茶 アルファルファ 中村哲 高橋修 橋本康範 伊藤和也 進藤陽一郎 山口敦史 石風社 ペシャワール会 農業 さつまいも


外国航路石炭夫日記
アフガン農業支援奮闘記