極楽ガン病棟

306頁 四六判並製
4-88344-020-6
税込価格1650円
1997/05/01発行
紹介

やっと漫画家デビューした34歳で肺ガン宣告。さらに脳に転移しての2回の開頭手術。患者が直面する医療問題(薬の知識、お金、入院)をベースに、生命がけのギャグを繰り出す超ポップな闘病記。──敵は病気か病院か、めざせ不屈のガン患者!

目次

第一部 コバルト照射の日々
 薬の山、これ全部飲むのかなあ
 髪よさらば
 医師との会話は難しい
 プライバシーの問題
 ホスピスについて
第二部 脳の再発手術
 彼等は増殖している
 九大病院正門に立つ
 骨盤へ転移……
 ナースウォッチャー ほか

著者

坂口良

さかぐち・りょう
さかぐち・りょう

1958年、山口県防府市生まれ。徳山高専電子工学科中退。
27歳の時「プレイコミック」(秋田書店)で漫画家デビュー。34歳の時「Men’s アクション」(双葉社)で初連載。
1992年末肺がん発症。5回の入院で、肺の手術と2回の開頭手術を行なう。
1997年9月死去。享年38歳。

石風社より発行の関連書籍
  • 語れぬ妻へ 石風社 弥勒 祐徳 闘病 日記 画家 八十八歳 在宅 介護

  • おかあさんが乳がんになったの 癌 ガン がん 乳 絵本 小学生 まま おかあさん 闘病 病気 家族 愛 女性 女の子

  • 十七歳 生と死をみつめて 古賀梅子 石風社 闘病記 心臓病 日記 生と死


語れぬ妻へ
おかあさんが乳がんになったの
十七歳 生と死をみつめて